福祉教育に関する相談

福祉教育とは

「福祉」という漢字はどちらも「しあわせ」という意味を持つ言葉です。

福祉とは、「だんの らしの あわせ」ともいわれます。

「福祉教育」は、私たちの住む地域で、誰もが幸せに暮らしていくためには何をしたらよいのかを考えることです。ふだんのくらしの中で身の回りの人々や地域との関わりを通して、そこにどのような福祉課題があるのかを学び、その課題を解決する方法を考え、行動する力を養うことを目的としています。

岐阜市社会福祉協議会では、地域や市内各小・中学校やPTA等から福祉教育に関する様々なご相談を受け付けております。

※市内各小・中学校には例年4月に福祉教育に関する冊子をお送りしておりますので、ご参照ください。


主な支援活動

1.出前講座
地域や学校などへ出向いて福祉やボランティアに関するお話をします。
2.プログラムの提案
地域や学校からの申込の目的等、条件にあったプログラムを提案します。
3.体験用具の貸し出し
車いす、アイマスク、白杖、高齢者疑似体験セットなどを貸し出します。
4.講師の紹介・調整
手話や点字といった技術を要する場合の講師など専門機関へ連絡、調整します。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によりご要望にお応えできない場合もあります。


お申込み方法

開催希望日の1〜2ヶ月前までに

@岐阜市社会福祉協議会まで連絡・相談

(担当者と相談し、日時・内容の決定)

開催日の1ヶ月〜2週間前までに

A打ち合わせ

(開催当日のスケジュールなどの詳細)

B開催日当日


※出前講座の実施に当たっては講師の日程調整や備品貸し出し状況等がありますので、少なくとも1〜2ヶ月以上前に余裕をもってご相談下さい。


福祉体験の様子

高齢者疑似体験

高齢者疑似体験

車いす体験

車いす体験



福祉教育に関するお問い合せ先

名称
社会福祉法人 岐阜市社会福祉協議会 岐阜市ボランティアセンター
開設時間
月曜日〜金曜日の午前8時45分〜午後5時30分
(年末年始12月29日〜1月3日を除く)
休業日
土曜日、日曜日、祝日
所在地
〒500-8309 岐阜市都通2丁目2番地 岐阜市民福祉活動センター2階
TEL
058-255-5511
FAX
058-255-5512
E-mail
gifu.vc-gfs@gifushi-shakyo.or.jp